STRUCTURE

テクノストラクチャー工法

木造なのに鉄骨造りのような地震に強い家耐震等級3、長期優良住宅を実現
木造なのに鉄骨造りのような
地震に強い家
耐震等級3、
長期優良住宅を実現

中央建設の家づくりでは、パナソニック独自の「テクノストラクチャー工法」を採用しています。

木造だけでは弱い部分に金具を用いて、家の骨格を強化しています。
さらに、一棟一棟すべてに構造計算を実施し、耐震性能を数字で示すことにより確かな安全性を実現します。

木の家の温もりに鉄骨づくりの強さを加えた、災害に強くて優しい家を作り上げます。

※中央建設はパナソニック耐震住宅テクノストラクチャー工法の施工認定店です。
パナソニックESテクノストラクチャー(株)の審査と施工研修をクリアしたハウスビルダーのみがテクノストラクチャーの施工認定店として認められ、テクノストラクチャーの住まいを建設・販売しています。

テクノストラクチャー工法って
なにがすごいの?

1木+鉄の複合梁
「テクノビーム」で
木造住宅の弱点を克服

木+鉄の複合梁「テクノビーム」で木造住宅の弱点を克服
木と鉄の複合梁「テクノビーム」

木と鉄の複合梁「テクノビーム」

パナソニック独自の「テクノストラクチャー工法」で建てる木造住宅。それが、「テクノストラクチャーの家」。木の梁に鉄を組み合わせ強度を高めた「テクノビーム」を使い、梁と柱との接合部にも金具を用いて、家の骨格を強化しています。

オリジナル金具

オリジナル金具

テクノストラクチャー工法では、梁と柱との接合部にもオリジナルの金具を用いて、家の躯体を強化しています。

長く住めば差が出る
「テクノビーム」の耐久性

住宅の梁は、家全体の重みを支えているため時間が経つと若干のたわみが生じます。特に木製梁は、荷重がかかり続けると、たわみの変形が年々増していき、家の骨組みがゆがんでしまう可能性もあります。
  • オリジナル金具
    オリジナル金具

    長時間の荷重でたわみが進行し、変形してしまいます。

  • テクノストラクチャー工法
    テクノストラクチャー工法

    何年経っても梁の変形はほとんど進行しません。

21棟ずつ構造計算を必ず実施。
徹底的に計算し、
耐震等級3を実現

1棟ずつ構造計算を必ず実施。徹底的に計算し、耐震等級3を実現

テクノストラクチャー工法で建てられた家には、構造計算を必ず実施しています。構造計算は、地震や台風などの災害に耐える家の力を計算するもので、現在2階建て以下の木造住宅には現在義務化はされていません。

間取りの異なる注文住宅だからこそ、構造計算が必要と考え、独自のプログラムによって、あえて一棟ごとに構造計算を実施しています。

また、実物大のモデルによる振動実験も行い震度7の激震を計5回与えても構造強度に影響の無い強さが実証されています。

※延床面積500㎡以上のものを除く

「自動躯体設計システム」で
全棟で事前に構造計算を行い、
強さを確かめます。

「自動躯体設計システム」で全棟で事前に構造計算を行い、 強さを確かめます。
「388項目」のチェック

すべてのお宅に、構造計算書をお渡ししております。

「388項目」のチェック
panasonic

パナソニックと強力連携

  • 構造計算
    構造計算

    構造計算はすべて間取り図をもとに、パナソニックにて構造設計、構造計算をしています。

    独自の「自動躯体設計システム」で災害シミュレーションを実施し、
    トータル388項目もの強度チェックをクリアし、強さが立証された家しか施工しません。

    ※積雪1mを越える多雪地域は440項目

  • 資材生産
    資材生産

    耐震最高等級3を保証してから、パナソニック工場で一棟毎に生産品質管理された資材を生産していきます。構造計算に基づき、テクノビーム等の建築部材も現場に供給します。

3テクノストラクチャー工法
だから実現できる、
開放的で自由な間取り

テクノストラクチャー工法だから実現できる、開放的で自由な間取り

テクノストラクチャー工法では、間仕切りが必要ないために、自由でオープンな大空間を実現することができます。木造住宅ではどうしても必要になってしまう柱や梁も、テクノストラクチャー工法なら最小限で大丈夫。

壁天井が高くて窓が大きい、そんな開放的なお家も、中央建設でなら造ることができます。

  • 従来の木造住宅
    従来の木造住宅
    従来の木造住宅
  • テクノストラクチャーの住宅
    テクノストラクチャーの住宅
    テクノストラクチャーの住宅
CONTACT

中央建設へのお問い合わせ

下記お電話またはフォームより
お気軽にお問い合わせください